FC2ブログ

普段使っている言葉について

アメリカに住んで16年が経ちました。
家庭内での言語は英語と日本語を隔週で使っています。
これは、日本に4年住んだ夫の日本語のレベルを下げないよう、またワタクシの英語のスキルアップのため。



ただし、電話は日本語 → 周囲に分からないように。
言い合い(ケンカ)は英語 → 英語のほうが汚い言葉が多い主張が強く聞こえるため。



日本で英語の専門学校を出て、「ある程度」は話せると思っていましたが実際はそうでもなかった16年前。



移り住んで2年で、「外国に滞在している」感は消え、「生活している」感が増しました。
それでも、やっぱり始めの5年くらいは政治の話や経済の話には口を挟めませんでした。
(聞いていても理解度が浅いため、退屈になっちゃったし。)



8〜9年くらい目からラジオから流れる歌が鬱陶しくなりました。
「愛してる〜♪」
「君はぼくのモノ〜♪」
「あなたなしでは生きて行けない〜〜♪」



言葉がしっかり理解るようになり、基本的にあまりロマンティックでないワタクシは↑な歌詞には辟易。
この頃からもともと好きだったラテン音楽(言葉がわからないからただ音楽を楽しめる)やジャズ、クラッシック音楽を聴くことが増しました。



もともとシャイな性格ではありませんが、最近は人生経験を重ねたこともあり、全く知らない人とのスモールトークも平気です。



「そのブーツ素敵ね。どこで買ったの?」
「この仔は何犬?」
「この季節限定の”パンプキン・スパイス”コーヒーどう?」



勤務しているショップでもそうですが、大抵楽しく会話ができます。



でも、時々こんなことを言ってくれる人がいます。



「I love your accent(あなたの訛り、大好き)!」



「・・・・・・。」


そりゃ、英語のネイティブスピーカーじゃあないので、訛りはあります。
重々承知なので、なるべく発音には気をつけて話しているつもりです。
時として(特に「R」と「L」が、混じった単語が)上手く伝わらない時には、スペルを言います。



でも、こんなこと言われても返答に困ります。



「・・・(とりあえずニッコリ)サンキュー!」




Have a Happy Life!









スポンサーサイト



プロフィール

しょうが

Author:しょうが
住まい:南カリフォルニア(オレンジ郡)

日々嬉しく思ったことを中心に書いていけたらいいな。

カレンダー
11 | 2012/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
ブロとも一覧

ボーダーコリー&ピアノINヨーロッパ