FC2ブログ

スペイン紀行 その1

 
久しぶりの海外旅行。今回のスペインはロスアンジェルスからニュージャージー経由でマドリッドに入りました。空港からはバスで市街地の大きな駅へ。そこから人に聞いてホテルに一番近い所まで地下鉄を利用しました。道もそうですが、地下鉄のどのラインに乗るのか、どうやって切符を買うのかわかりませんでしたが、スペインの人は皆優しい人ばかり。決して英語が上手とは言えない人(殆ど話せない人のほうが多いと思う)でも、逃げたり無視することなく一生懸命おしえてくれます。

マドリッドのホテルは有名なPlaza del Solという広場から徒歩30秒にあるところ。朝食はついていませんでしたが、レストランやカフェもたくさんあり、地下鉄の駅もすぐ近く。とても便利でよい所でした。

2泊3日のマドリッド。到着した日は絶対に行きたかった「El Rastro」という蚤の市へ。ホテルから地図を片手に歩くこと20分。いくつかの通りと広場に延々と続く屋台。革製品、洋服、アクセサリー、民芸品、手芸用品、履物、キッチン用品、その他色々なんでもありでした。図書館で借りたガイドブックには「スリがものすごく多いので財布はもって行かない!」とのこと。日本の初詣かと思うくらいのものすごい人出なので、スリが多いのも納得です。(ワタクシ達は大丈夫でした。)結局何マイルか歩いてウロウロしていましたが、人の数に酔ってしまい買い物をする気力もありませんでした。

バルでサンドイッチだけ買ってつまみ、露天では何も買えずにそのままホテルへ戻ったワタクシ達。一旦ホテルでシエスタ(昼寝)をしてから夕飯を食べにまた街へ繰り出しました。場所は夫がどうしても行きたかったMercado San Miguelというマーケット。屋内ですが、肉屋、デリ、八百屋、レストラン、バーなどがたくさんはいっています。ここも観光客で大変賑わっており活気があったのですが、夫はイマイチ不服そうな顔をしていました。理由は「サンフランシスコやナパにあるのとまるっきり一緒」の雰囲気だから。お洒落(都会的)でキレイすぎてガッカリだったそうです。(なんとなく分かるけど・・・。)

なので、マーケットでの食事はつまみ程度にして、外に出て地元の人を捕まえて、近場におススメのバルはないか聞きました。

で、見つけたバルで食べた定番のコロッケとスペイン風オムレツ。↓(サラダも食べたけど、見た目も味も普通すぎて写真はありません。)




コロッケはクリーミー♡オムレツは普通(夫はガッカリ)。地元でも若い人達が多く集まるようで、店の中は20代くらいの人で賑わっていました。お店はずっと混んでいて、長いしても悪いのでさっさと食べて出たワタクシ達。そのまま大人しくホテルへ帰りました。

翌日はマドリッドでのメインイベント、プラド美術館!ホテルからは徒歩20分でした。美術館のチケットは予約をしていませんでしたが、20分くらい並んだくらいで入場できました。開館してそれほど時間がたっていなかったせいもあり、オーディオガイドも借りることができラッキー♬



規模的には普通(に大き)なプラド美術館ですが、やっぱりじっくり見て回ると3.5時間はかかりました。(それでも全部は回りきれていない。)美術館は集中力がいるので、やっぱりものすごく疲れましたが、大学の時に教科書(または講義でのスライド)でしか見たことのない絵画の数々と対面できて感動の連続のワタクシ。特にHieronymus Bosch,のThe Garden of Earthly Delights(エル・ボスコ『快楽の園』)やDiego VelázquezのLas Meninas(ベラスケス『ラス・メニーナス』)TntorettoのEl Lavatorio(ティントレット『聖木曜日の洗足式』)などは、どのくらいの間絵の前に立っていたのかわかりません。

へとへとになりながら、プラドを出たのは昼食時間をかなり過ぎた頃。翌日のセビージャ行きの電車の切符を買うべく駅に向かいがてら見つけたのが、ソフィア王妃芸術センターのすぐ横のバル(というより軽食屋)。イカのフライがものすごく柔らかく美味♡まわりを見ると、大抵のお客さんがこのイカフライのサンドウィッチを注文していました。



ピカソのゲルニカがあるソフィア王妃芸術センター。プラドの後のハシゴは体力的に無理だったので、駅で切符を買ってからやっぱり一旦ホテルでシエスタ。でも月曜は7時から閉館の9時までは入場無料なので、エネルギーチャージしてから地下鉄でまた戻ったのが7時10分前。だけど到着が遅すぎて長蛇の列だったため、入場までに20分くらいかかってしまったのは失敗でした。ただゲルニカだけは絶対見たかったので、入館してすぐにゲルニカを目指したワタクシ達。それでも人が多かったのと、(ロープが張ってあり)離れてしか見れなかったので、じっくりと時間をかけて見ることができず、ちょっと残念でした。




かなり駆け足で回ったソフィア王妃芸術センター。それでもシューリアリズムの部屋にはダリやマン・レイだけでなくデュシャンプもあって面白かったです。

夕食に行くレストランはやはり地元の人に尋ねたのですが、おしえてもらって行った所はイベリコハムで有名レストラン。お客は殆どが外国人でした。値段的には高い気がしたけど、まあハムも食べたしでオッケーかな。

マドリッドでは雨。わかっていたけど、やっぱり雨女なワタクシ。でも降ったり止んだりで、蚤の市やプラドへの往復など傘をささずにすみました。首都なんだけど、古い街並みもあるせいかそれほど大都会感はなかったマドリッドでした。



↑ スペインでは新しいらしいフローズンヨーグルト。「llao llao(ジャオジャオ)」というかわいいお店。アメリカと違って、フレーバーは「ナチュラル」1種類のみ。



↑ Plaza del Solにある熊のブロンズ像。

次回のスペイン紀行はセビージャ編です。


Have a Happy Life! 
スポンサーサイト



バケーションへ行ってきました

 
久しぶりにバケーションで海外旅行してきました。

行き先はスペイン。マドリッド→セビージャ→グラナダ→バルセロナの旅でした。
火曜日に戻って来るはずが、ルフトハンザのパイロットのストライキのために水曜の帰国となりました。まあスペインでの休日が1日多くなったということでオッケーとしますが、さすがに2度の飛行機の乗り換えは大変でした。

ということで、実はまだカラダが本調子ではありません。仕事はもちろんきちんと出ていますが、帰宅後には電池が切れた様にパタリとソファーで爆睡する毎日です。取り急ぎご報告ということで、明日から少しずつスペイン紀行を綴って行きます。



Have a Happy Life!


かなりな異常気象

 
10月なんですけど、ものすごく暑いです。

今日(木曜)は101度(38.3C)でした。明日は105度(40.6C)、土曜は104(40C)度、日曜は100度(37.8C)だそうです。

来週末に秋冬物のベスト・オブ・ザ・ベストを行います。例によってブランド物だけでなく、カシミアのセーターとか真冬用のコートを出すのですが、売れ行きが心配です。

今年はいつになったらブーツが履けるのでしょうか。



Have a Happy Life!


プロフィール

しょうが

Author:しょうが
住まい:南カリフォルニア(オレンジ郡)

日々嬉しく思ったことを中心に書いていけたらいいな。

カレンダー
09 | 2014/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
ブロとも一覧

ボーダーコリー&ピアノINヨーロッパ