FC2ブログ

インディペンデント

 
アメリカは「Independent(独立)」をとても大事にする国。7月4日の独立記念日は関係ないけど(あるかな?)、老いたからといって子供に頼るとか面倒をみてもらうとかは当たり前ではない。高齢になっても自立している人が多く、80、90歳代で一人住まいは当たり前。時々アジアや中近東からの移民で昔の日本みたいに2世帯や大家族(祖父母+親+子供+孫世代)で生活をしている人がいるが、それは稀のような気がする。

ずっと昔、初めてアメリカに来たときにスーパーで酸素ボンベ(ゴルフクラブケースみたいに小さな車輪がついていた)を引っぱりながら買い物をする高齢者を見てびっくりした。

我がディスカバリーショップ。スタッフは高齢者と呼ばれる方が殆ど。そして場所柄かお客様にも高齢者が少なくない。

先日は歩行補助車(座席つきのウォーカーに車輪がついていて押して移動できる)を使用のお客様が3人ショップ内に同時にいた。皆さん女性。そのうちの1人はご主人と一緒に車で来ていたが、残る2人は隣町の高齢者住宅地からバス(無料)でのご来店。なんでも、我がディスカバリーショップの隣にあるスーパーマーケットが定期的にシニア割引をする日だったらしく、女子2人で一緒にお買い物に♪

そのうちの一人が補助車から手が離すことができない(バランズがとれずに転んでしまう)から、ワタクシにラウンダー(円形のラック)に掛かっているお洋服を一枚一枚見せろという。ヒマではなかったけど、言われた通り一枚一枚めくっていった。「(めくるのが)早すぎて見れない!」とお叱りを受けたワタクシ。「どんなのをお探し?」と聞くも「わかんない」。このお年頃のお客様は大抵「別に必要ないのだけど」とおっしゃる。でも、「もうトシだから」と言いつつもやっぱりお買い物は楽しいもの。

結局4枚のトップスをご購入されたこの女性。でもレジでちょっと戸惑った。チェック(個人の小切手)を使いたいのだけど、車に乗るのをギブアップした彼女は免許証を持っていないので機械が使えない。じゃあマニュアルで処理するから電話番号をくれという電話番号を覚えていない。そうこうしていると、レジ係の81歳のイルマがイライラしだした。「まあ自分に電話をかけることがないから仕方ないよね」となだめながら娘さんの電話番号(財布の中に緊急用ではいっていた)をもらった。

お迎えのバスに乗り遅れないようにとショップの外で待つガールフレンド2人。天気がよかったので、日向ぼっこをしながら今日の勝利品について話していました。

この国はやっぱりこういうところがいいなと思うのです。歳を重ねるのに負い目はない。「もう〇〇歳だから・・・」とかでジャッジされない。子供から大人になって老いて来ても個人が尊重されています。「〇〇できない」とか本人も周りもエクスキューズ(言い訳)にしない。老いて来てできないことが増えてもそれは当たり前のこと。そしたらできる範囲で何かをする。できないことだけにフォーカス(重視)しないでいるからいつまでも人が人でいられる。

日本は若者の国ですよね。それは活気があっていいのですが、個人的には多々ある「幼稚」だなというイメージも拭えません。年配者を尊ぶ気持ちは小さいときから育てられて来ているのに、老いて来ると元気がないというか、元気があってはいけない文化になっているように思うのです。どうしてかな〜?


Have a Happy Life!


スポンサーサイト



テーマ : アメリカ生活
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

No title

年を重ねるのに負い目が無い。すばらしい言葉、すばらしい考えかた!!

日本では年取ると子供の負担にならない様にが、主流。
言いたくても、だまっている。

家族制度のちがい?民族制のちがい?教育?考え方?

Re: No title

朝のかぜ様、コメントをありがとうございます。

私は日本育ちですが、「子供の負担にならない様に」というのがイマイチわかりません。「面倒みる」というのもです。『へ〜んなの!』と思ってしまいます。
そもそもなんで「負担」とか「面倒」とかになってしまうのでしょうか。「できないことをちょっと手伝う」とかから始まると思うのです。誰だって年を取るのにおかしいですよね。
多分国民性や習慣などからくる価値観の違いなのでしょうね。

パパ店長です

そうですね!
文化や国民性の違いだから、ということだけで片付けられるものではないと思います。
私もびっくりしたのは、大学生だった20年前にBSで観たNBA。
ハーフタイムに映し出された会場に「ご年配」の方の多い事!!
どうみても70~80代と思われる方が多かったですね。
「バスケを観に来るなんて、元気だな~」が感想でした。
日本での「相撲観戦」みたいなものでしょうか・・・

確かに日本の若年層も私を含む中年層も、幼稚に感じます。
起きる事件等も「幼稚」なことが元になっている事が多いです。

Re: パパ店長です

パパ店長様、コメントをありがとうございます。

義母もNBA(キングス)の大ファンです。74歳ですが、ジャージーを着て応援に行きます♪そういう義母の母(夫の祖母)は95歳でアパートで一人暮らしをしています。ここ数年足が弱り、外出はめったにしませんが一人の方が気が楽みたいです。
こちらでは、20代はまだまだ子供。30代からやっと一人前(?)で40代からは生活も安定していて楽しいというイメージがあります。(あくまでも個人的に思うだけかもしれませんが。)日本でウケる「若い」ということは活気があって明るいイメージですが、薄っぺらいのはちょっと寂しいです。

新発見&再発見

しょうがさん、お初です。(ここでは。笑)

私のブログにコメントを残してくれて、どうもありがとう。^^
三日坊主で終わると思っていたけど、結構、こつこつ楽しく更新してます。
これきっと、親バカのなせるワザね。笑

最近の日本は、老いも若きも女性陣が元気かな。
それは多分、アメリカも同じ?
ヒラリーさんが次期大統領に立候補するかも?というニュースを見て、
「絶対頑張って〜〜〜!!」って思っちゃいました。^^

私も今、「私らしい50代の生き方」を模索しています。
こういう時間って、いつもあるわけじゃないから、貴重だな〜って思いつつ。

何か見つかると良いのだけど♪^^

月子

No title

何故でしょう?

日本は個が確立していないのかなぁ、と思います
個人ではなく集団として捉えている?
責任の所在もはっきりしていませんし…
アメリカは(いや他の国も)自己責任において云々でしょう
日本には、その考えがないようにも思えます
その結果、自立できない人が多い
老人の一人暮らしがおかしいにつながり…
アレ?
話が逸れまくってる?
教育の問題もあるんでしょう、きっと
ごめんなさい<(_ _)>
訳が分からないコメントをしてしまいました

Re: 新発見&再発見

月子さん、コメントをありがとうございます。(嬉しいです♪)
レオンくんの成長記録、見ていてとても楽しいです。写真を見ていて月子さんの親バカぶりが目に浮かびますよ。
さて、女性が元気な国は発展すると思います。女性は子供を産み育てるので、その女性が賢く元気でハッピーならその子供達の将来も明るいでしょう。
ヒラリー氏の出馬は私も大賛成です。彼女が大統領になったら、やっとアメリカも一人前だと思います。(ただ、ちょっとお体が心配。)
いつもいつも全力を出し切っていた月子さん、レオンくんとの「こういう時間」ってすごく大事だと思いますよ。充電期です。Enjoy it!

Re: No title

谷口冴様、コメントをありがとうございます。
ね、何故でしょうね。集団行動/意識を大事にしすぎて個人が強くなることにネガティブなイメージがついてしまったのでしょうか。でも自己責任ができなくてどうするんでしょうね。学生の時ならまだしも、成人になってまで家族や他人(や所属する会社やグループ)にべったりなんでしょうか?「支え合う」ことは大事ですが「依存」はいけませんよね。格好悪いです。

パパ店長です

74歳にしてキングスファン、しかも・・・ジャージ着用で応援とは!!
羨ましい限りです。私もそのような年の重ね方をしていきたい・・・・・
キングスには一時期、「ブラデ・ディバッツ」がいましたね(元レイカーズ)
すみません、またバスケのお話で・・・

Re: パパ店長です

パパ店長様、コメントをありがとうございます。
シーズン中はずっとTVで試合を流しっぱなし(どこのチームでも)の義母。バスケットボースの話しでは、私より彼女の方がずっと詳しく、パパ店長様ともよいお話し相手になりそうです!(英語がイマイチできないけど。)
プロフィール

しょうが

Author:しょうが
住まい:南カリフォルニア(オレンジ郡)

日々嬉しく思ったことを中心に書いていけたらいいな。

カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
ブロとも一覧

ボーダーコリー&ピアノINヨーロッパ