F#@$ Cancer!


金曜のレジ係のDさんのご主人(DSさん)が亡くなりました。87歳でした。

「ずっと何ヶ月も体調が悪くて、色々検査した結果、今頃になって癌だって言われたの」と、先週の水曜日にDさんから電話がありました。「もう87歳だし、キーモ(化学療法)なんてできっこないじゃない・・・」、「とりあえず、今週はショップに行けないから」と涙をこらえた声で欠勤を知らせてくれました。

今日は火曜日。休み明けのワタクシが出勤すると、Dさんのご主人の訃報を受け取りました。

火曜日のレジ係のSさんのご主人(Mさん)は、先週の土曜日に大腸癌の手術をされました。

「ちょっと長引きそうなので、当分お店には出れないから」とSさんからテキストが来ました。

Mさん頑張れ!




R.I.P. Mr. DS



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは。

しょうがさんの今回のブログを読んで心が重くなりました。

私の主人。
父親サイドのおじいさん、2人の叔父さん、1人の叔母さん、2つ年上の従兄。
母親サイドのおばあさん、2人の叔父さん。
そして友達のご主人が現在ステージ4、6歳年下の友達は7年前に乳癌を宣告されて完治したと思いきや、今年の春に胃癌が見つかり全摘しました。2人とも全身全霊で戦っています。

CANCER SUCKS !!!


No title

こんにちは

しょうがさんの職場ではそういう死というものを近くに感じる職場ですね。急なお別れだったのですね。
実は同僚がみるからに顔色が悪くて、みんな心配してるんだけど、精神もやんでて、身体の事を言われたくないと周りから聞いたので、一言も言えなくて。彼女昨日見たら顔も首も黄色だったんですよ。そんなにひどいのに、休みながらでも仕事にくるんですよね。上司も休めっていったらしいけど無駄だったみたいだけど・・・
うつっぽいみたいだから、下手なこと言えなくてね~。

健康なことってありがたいことなんですよね。つくづく思う。

Jnekoさんへ

こんにちは。いつもコメントをありがとうございます。

暗い記事で申し訳なかったです。

米癌協会が設立されて、もう100年以上経ちます。その間に、色々研究されて完治される癌も確かにあるんです。
でも、どれだけ医療が発達しても、まだまだ撲滅できないタイプの方が多いのが、悲しい現実ですね。
ご友人達の治療が上手く行きます様に。心からお祈り申し上げます。

ツインズママさんへ

こんにちは。いつもコメントをありがとうございます。

癌や他の病気で亡くなった方の遺品を、寄付して下さる方もいらっしゃいますからね。残念ながら、死というのはとても身近な職場です。
87歳なら、もういいお年だと思います。でも、やっぱり老衰と病気とでは違うんですよね。特に、苦しんで亡くなる場合は、ご家族も辛いと思います。

ツインズママさんの職場の方も心配ですね。どうしてお休みされないのでしょうか?鬱っぽいのなら、余計にお休みされた方がいいと思うのですが。心も病気になってしまって、冷静な判断が取れなくなってしまったのでしょうか。

健康が一番大事ですよね。どれだけ裕福でも、健康だけはお金では買えませんから。
プロフィール

しょうが

Author:しょうが
住まい:南カリフォルニア(オレンジ郡)

勤務先:米癌協会が運営するリサイクルショップ

失業中に始めた癌協会が運営するショップのお手伝い。ボランティアを始めてから4年半後にはアシスタントマネージャーとなりました。ショップでの出来事や、日々の生活で出会った人々のことなどを書いています。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
ブロとも一覧

多趣味で無趣味なおじさんの新徒然日記

ボーダーコリー&ピアノINヨーロッパ