FC2ブログ

気分がスッキリしたこと


まだ膝のことで書き足りないことがあります。



それはワタクシの膝のことを「絶対に関節炎ではない!」と何度も言いきった主治医(ホームドクター)のこと。



9月に会った主治医は、「これはただのランナーズ膝(使い過ぎ)」、「賭けても良い」、「しばらく(一生ではない)フィジカルセラピーをすれば治るはず」と言いました。でもワタクシも負けずに「関節炎だと何度も診断されているし、もうずっと何年も痛いんだ!」と言い続け一歩もひきませんでした。


何度か押し問答を繰り返し、やっと「それではレントゲンを撮ってみましょう」との言葉を言ってもらいました。(それでもレントゲンを撮る前からフィジカルセラピーの予約をさっさと入れろと言われました。)



そしてレントゲンの結果が出て看護師から連絡があり、「ドクターは『マイナー(軽度)の関節炎だ』と判断されました」、「フィジカルセラピーをおススメします」。



またフィジカルセラピー!うんざりです!!!



「いいえ、フィジカルセラピーの予約はしません」、「専門医とのカウンセリングを希望します!」とリクエストしました。


主治医は専門医ではありません。なので、見当違いな判断をしたのは仕方ありません。ただ、ちょっと普通の関節炎患者よりも若いからといってなんだもかんでもフィジカルセラピーで治るというのはどうでしょう?



今回の膝の担当医は、「フィジカルセラピーを受けろ」とはひと言もいいませんでした。「保守的な治療方法」と言った時に、ワタクシが「例えばフィジカルセラピーなんですか?」と尋ねても「キミが受けたいと希望するのなら」との答え。たったそれだけでとても救われた様な気分になったワタクシ!ちょっとおかしいですが、「手術を勧めるレベル」ということでやっとこのワタクシのダメな膝が認められて嬉しいのです。



気分がスッキリとしました。何か希望が見えて来ましたよ!



とりあえずこれからは以前のような痛みはないものとし、ずっと使わなかった右膝のあたりの筋肉を和らげる努力を少しずつして行こうと思っています。(今のままでは固過ぎて体操座りも正座もできない。)



Have a Happy Life!



スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは

専門医ではないのに結構強い見解を押し付けてくるのですね。
とりあえず専門医にみてもらって治療ができるようになって、よかったですね。痛みがなくなるというのは大事な事ですよね。
サイクリングにはひざは大丈夫でしたか?

ツインズママさんへ

こんにちは。こちらにもコメントをありがとうございます。

本当に主治医が何であんない頑に「賭けても良い!」とまで言いきったのか理解不能です。
今は本当に膝のダメさ加減が分かってスッキリしました。
自転車はフラットな道をゆっくり流しているだけなので、それ程影響はないです。
でも今日4時間くらいハイキングに行ったので、膝がとても痛いです。
一時的なものとして、治ると良いのですけど・・・。

プロフィール

しょうが

Author:しょうが
住まい:南カリフォルニア(オレンジ郡)

日々嬉しく思ったことを中心に書いていけたらいいな。

カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
ブロとも一覧

ボーダーコリー&ピアノINヨーロッパ