FC2ブログ

衝撃的な真実!


膝の専門医に(やっと)会って来ました。3週間前の激痛は殆どなくなったものの、やはり普段の生活に支障が出ているのでなんとかして欲しいと思い行って来ました。

前回とは違うドクター。(セカンドオピニオンが欲しかったのでよかった。)ステロイド注射を持って現れた彼ですが、とりあえず「痛みが酷いから他の治療のオプションも聞きたい」とリクエストをしたワタクシ。



・前回のステロイド注射が一ヶ月しか持たなかったこと:
  「注射」=「無痛になる」のではない。注射をした後にはゆっくりして膝を労りながら生活をしなくてはならない。(前回の注射の2日後に4時間ハイクをしたと告知をしたら呆れられた。)

・前回の注射の数時間後に歩けなくなってしまったこと:
  膝は炎症を抑えるために冷やさないとだめ(前回は注射をしてすぐにかなり歩き回った)。膝の周りの筋肉が固まったら温める。

・やっぱり手術は勧められない:
  まずはまだ若い。あと10〜15年は待つべき。それに手術をしたからといって必ず完治するとは限らないし、やはり膝を労りながら生活しなければならない。

・ステロイド注射:
  年に3回がMAX。(前回の注射から偶然4ヶ月経っていた)

・膝に負担をかけない生活をおくらなければならない:
  販売の仕事だが立ちっぱななし&歩きっぱなしは極力避ける。なるべく多く休憩を取って合間合間に膝を冷やす。帰宅後は必ず膝を冷やす。

・ウォーキングは「ライトエクササイズ」ではない:
  膝に負担がかかるので、ハイキングは論外。犬の散歩も避ける。

・おススメのエクササイズ(リハビリ):
  膝に負担をかけないように大腿部の筋肉をつける。(家でのエクササイズの仕方を印刷してくれました。)
  ステーショナリーバイクもおススメ。

・サポーターはなるべくしない:
  サポーターを常用するとそれに頼ってしまい大腿部の筋肉が衰える。



正直ウォーキングは避けろと言われた時には一瞬かなり落ち込みました。もうハイキングに行けないなんて・・・と思ったんです。でもそんなワタクシの気持ちを察してか、ドクターは「大腿部の筋肉をつけて膝への負担をなくす歩き方ができるようになったらハイキングも大丈夫」と追加でアドバイスをくれました。

たまたま会社が休みだったので同席してくれた夫も「これからなるべくジンジャーの散歩は受け持つから」と言ってくれました。(散歩くらいしたいとワタクシ本人は思うのですが・・・。)

その後は(やっぱりかなり痛かった注射をしてもらい)帰宅。家に帰ってからはまずは支持通り氷で冷やしました。そうしたせいか、注射をしてから5時間は経過していますが痛みはありません。



かなり衝撃的な真実ばかりでしたが、色々とおしえてもらえてよかったです。そしてやっぱりリハビリは必要なのね〜。






⇧病院へ行く前に寄ったサンドウィッチ専門店でのランチ。サイドに小さいサラダとクッキーが付いて来ました。レビューはかなりよかったけど、ワタクシにはまあまあ。



Have a Happy Life!

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは(^^♪
膝の痛いのは辛いですよね('◇')ゞ
でも、具体的に指示して貰えた事は、
一つの収穫かもしれませんね。

冷やすことが大事とか、
大腿部の筋肉をつける事が大事だとか、
細かいこと、教えて貰えてよかったですね(^^♪

頑張って少しでも楽になりますように・・・

サポーターをしないほうが良いというのは、
少しビックリしました。
こちらのお医者さんは、サポーターであったり、
コルセットであったりを推奨するような気がします。
でも確かにそういうのを付けると、
頼ってしまって良くないのかな?
それより、普段の生活で、
キチンと周りの筋肉をつけるように
心がけた方が良いのかなとも思いました。

なんにしても、
痛みが引いて楽になりますように・・

No title

こんにちは

やっと診てもらえたのですね。とにかく痛みと付き合うのは嫌ですよね。効き目が長く続くといいですね。
ドクターがいうような生活は実際には無理ですよね。お仕事もされてるしね。お散歩もダメな状態ってよほどですよね。

筋肉って今まであまり考えてく無かったですが、やはり大事なんだって実感させられています。

お仕事もお忙しそうなのでバタバタ動き回ることもあるかと思いますが、お大事にしてくださいね。

No title

こんにちは。

先ずは激痛が治まって良かったですね!

しょうがさんの状況を主人に話してみました。
彼の場合は膝の軟骨がかなり減ってきて痛みが酷くなり、Cortisoneの注射を受けました。その時にドクターから、膝のリプレスメント手術をしても20年ほどしか持たないので、今は手術は辞めましょうという事になったそうです。彼のお母さんも若い頃にヒップリプレスメントの手術を受けましたが、結局20数年後にまた同じサイドのヒップの手術を受けたそうです。

兎に角、手術をしないで済むにこした事はないので本当に良かったです。毎日のリハビリ、大変そうですが頑張ってくださいね!
無理をしないで、膝を労わって、太腿部の筋肉をつけて、是非また一緒にハイキングに行きましょう♪

小手鞠さんへ

こんにちは。コチラへのコメントもありがとうございます。

気持ちは殆ど「手術」だったのですが、やはり強く反対されました。
でも色々細かく指示を受けてやっと「簡単に治る」という道はないと思い知らされました。

サポーターは私もビックリしました。でも言われてみれば、「なるほど」です。
どうしても痛い時にその場しのぎにはよいですが、日常的に頼ってしまうのはよくないんですよね。

まずは仕事の仕方を変えるリクエストをしたいと思います。難しいとは思いますが、なるべく立ちっぱなし&歩きっぱなしを止めてみます。

お見舞いのお言葉をありがとうございました。

ツインズママさんへ

こんにちは。いつもコメントをありがとうございます。

前回の注射を打った後の行動が本当に間違いだったようです。
なのでこれからは日々膝を労った生活を心がけようと思います。

筋肉って大事なんですね。私も「結局リハビリなのね・・・」と思い知らされました。

お見舞いのお言葉をありがとうございます。

Jnekoさんへ

こんにちは。いつもコメントをありがとうございます。

私も前回のステロイドが一ヶ月しか持たなかったから、今回はコーテゾンにして欲しいとリクエストしたんです。そうしたらドクターからコーテゾンもステロイドも同じ注射だと言われてしまいました(クリネックスとティシューのような違いだそうです)。

私は「注射=無痛」と安直に考えていたのが間違いだったようです。
なので前回注射の数時間後にイベントのセッティングでハードな仕事を何時間もしたり、数日後に4時間のハイクをしたりしてしまいました。
でも今回「犬の散歩も避ける」と言われ、初めてここまで悪くなったんだと痛感しました。
これからは心を入れ替えて毎日膝を労りながら生活をするようにしようと思います。

いつかまたJnekoさんと長時間ハイクに行けるように頑張ります。応援ありがとうございます。
プロフィール

しょうが

Author:しょうが
住まい:南カリフォルニア(オレンジ郡)

日々嬉しく思ったことを中心に書いていけたらいいな。

カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
ブロとも一覧

多趣味で無趣味なおじさんの新徒然日記

ボーダーコリー&ピアノINヨーロッパ