FC2ブログ

公開裁判の見学


ご近所のAさんはロスアンジェルスのとある地区で裁判官をしていらっしゃいます。ちょっと前にご近所さんと乗り合いで、Aさんがジャッジを務める公開裁判の見学に行って参りました。

見学させてもらったのは、殺人事件ではなく傷害事件でした。原告人が検察官からの質問に答え、殴られて病院に行った際の証明書や、証拠写真などもありました。小さな事件なので、傍聴席には被告人の家族以外にはワタクシ達ご近所さん組のみ。それでも一般からランダムに選ばれた陪審員も12人いる本格的なモノでした。

びっくりしたのは、陪審員が水のボトルだけでなく、コーヒーのカップやス◯バのフラッ◯チーノなど持ち込み&飲みながらがオッケーだったこと。Aさんは「ガムを噛んでいる人(傍聴人含む)がいると気が散るからそれは注意をする」と言っていましたが、飲み物に対してはゆる〜い規則のようです。

とても興味深く、ヘタなドラマよりも面白かったです。Aさんの職場が近かったら、毎週でも見に行きたいと思いました!



⇩ワインの専門店でのハッピーアワー。3種のワインが試せるものは、違ったものがトライできて楽しいけど、量が(かなり)少なかったな・・・。運転手だったから丁度よかったかもしれないけど、次回は一種に絞ってじっくり味わいたいわ。





今日(最近)嬉しかったこと:

☆ 先月分の帳簿が終わりました。他人任せになっていて驚く程ぐちゃぐちゃになっていたけど、最終的にキチンを数字が合ってよかったわ。

☆ 新しいボランティアさんが今日からスタート。来週には2人新たに加わるはず。常時人手不足なので、本当に嬉しい。


Have a Happy Life!

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは(^^♪
裁判、とても自由な感じなんですね、
飲み物OKって凄いなって思いました(^▽^)/

私は裁判の証人として出廷したことがあります(笑)

ほんの簡単な裁判だったけど
緊張したのを思い出しました(^▽^)/

今日もボリューミーな美味しそうなお料理が
並んでいますね(o^―^o)ニコ

お腹が空いてきました(笑)

No title

こんにちは。

裁判を見に行ったことは1度しかないしそれも中途半端にしかみなかったから印象がうすい。義理の父が裁判を見に行くと面白いって言ってたのを思い出しました。
テレビドラマではよくみてますけどね(笑)
裁判員ってのもあるのをすっかり忘れてました。いつか自分になるかもしれないですもんね。それほど裁判って自分とは縁遠いのでしょうね。

試験管には試飲用のワインですか?
そんなに飲めないけど、ワインとちょっとしたおつまみがあると見るだけでもテンションが上がりますね。
おしゃれでいいなあ~

No title

なんとまぁユニークなワインのデキャンタ!
試験管ではないですか!!
試飲するのには良いけれど、おっしゃるように量が少な過ぎですね
これではボウルの底に少々でちょっと寂しいかな?

小手鞠さんへ

こんにちは。いつもコメントをありがごうございます。

Aさんが働く裁判所は、建物に入ってすぐの手荷物検査と裁判官の使用する駐車場がゲート内にあること以外は全体的にとてもゆる〜い感じでした。

私も小手鞠さんと一緒で、随分昔に日本で証人として出廷した経験があります。とても厳粛な雰囲気で緊張した記憶があります。裁判に関わる側の人間なら、コチラでもそうなのかもしれません。(陪審員はそうも感じませんでしたが。)

ツインズママさんへ

こんにちは。いつもコメントをありがとうございます。

日本でも裁判員というのがあるのですね。私はコチラの国では「外国人」ですので、陪審員にはなれないんです。間違って出廷票が2度来ましたが、「外国人」ですとの理由で辞退させてもらいました。でも陪審員は国民の義務ですので、リクエストが来ると断るのはかなり難しいそうです。
陪審員は1人の人間の人生が関わってくるので、ヘビーな役割ですよね。公開裁判で見てる方にはドラマや映画のようでエンターテイメントと同じなんですけどね〜。

その名も「ワイン研究所」というお店なんです。試験管で来るワインは見た目おしゃれですが、量が少なかった!一緒に行った友人達は不通のグラスで1杯づつおかわりをしていましたよ。

ran248さんへ

こんにちは。いつもコメントをありがとうございます。

試験管、ビーカー、フラスコ等を使うその名も「ワイン研究所」というワイン専門店です。気に入ったワインがあったら、ボトルを購入して持ち帰ることもできます。でも食事のメニューは少なくビールは1、2種しかありませんでした。ちょっとだけ飲みたい時や友人との待ち合わせには使えそうですが、しっかり楽しみたい時には物足りないかもしれないと思いましたよ〜。
でも新しいワインを開拓したい時には、こういうお店があるといいですね♬
プロフィール

しょうが

Author:しょうが
住まい:南カリフォルニア(オレンジ郡)

日々嬉しく思ったことを中心に書いていけたらいいな。

カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
ブロとも一覧

ボーダーコリー&ピアノINヨーロッパ